なぜ魚を食べると頭が良くなるの?

MENU

なぜ魚を食べると頭が良くなるの?

 

このカテゴリーでは、

 

魚を食べると頭が良くなる理由

 

についてのコラムを掲載しています。

 

 

なお、魚の十分な摂取量は

 

DHAが豊富な魚を一日あたり30〜60グラム(週に2、3回魚料理を食べる程度)

 

と言われています。

 

また、魚料理が苦手な方や、食習慣的に週に十分量の魚を食べられない方は、DHAを豊富に含有するサプリメントを活用されるのがお勧めです。


 

 


【スポンサードリンク】

なぜ魚を食べると頭が良くなるの?記事一覧

魚の油にはオメガ3の脂肪酸が豊富に含まれています。魚の油に豊富に含まれるオメガ3の脂肪酸、とりわけDHA(ドコサヘキサエン酸)には、脳細胞の細胞膜をソフトな状態にし、情報をやり取りしやすくするといった作用があり、それにより脳の機能は大きく改善されます。また、魚の油の摂取は人類の脳のサイズとも大きな関係があり、魚を食べなかった原人の脳のサイズはわずか400〜500グラムでしたが、100万年前から魚介...

魚の油(とりわけ、DHA)には脳内物質「セロトニン」を増やす作用があることでも知られています。セロトニンには、気分を良くするうつ症状を改善する暴力性を減らすといった効果があり、日々の生活をより活き活きしたものへと変えてくれます。もし、日々、落ち込むことが多いうつ症状で苦しんでいる小さなことでイライラして暴力的になってしまうといった症状で苦しんでいる方にも、魚やDHAサプリメントの摂取をお勧めします...

オレゴン研究科学センターの研究により、魚を食べる妊婦は頭の良い赤ちゃんを産む確率が高まるということが明らかになりました。その研究では、妊娠26週目から35週目までの九週間の間、一日あたり1グラムのDHAを含む魚料理とDHAサプリメントを摂取した人とそうでない人を比較した実験で、妊婦の赤血球中のDHA値が52%の上昇産まれた赤ちゃんは赤血球中のDHA値が35%上昇という明らかなDHA値の差異が生じ、...

精神状態の悪さに起因するストレス イライラといった症状にも魚の油が効果的であることが実験的に明らかになっています。その実験では、対象者: 試験や卒業論文を控えた学生摂取した魚の油: 1日あたり1.5グラム〜1.8グラム相当のDHAという条件でストレスやイライラを測定したところ、DHAを摂取した学生にはストレスやイライラの数値が全く上昇しなかったのに対し、DHAの摂取が無かった学生は平均して9%、最...