トランス脂肪酸 | DHAや酵素のはたらきを阻害する

MENU

トランス脂肪酸 | DHAや酵素のはたらきを阻害する

 

高脂肪や高コレステロールの食事は脳に悪影響を与えます。

 

その中でもとりわけ脳に悪影響を与えるのが

 

トランス脂肪酸

 

です。

 

トランス脂肪酸を食物から摂取した場合、脳に運ばれて

 

  • DHAのそばに入り込んで思考プロセスを邪魔する
  • 酵素の働きを邪魔し、栄養素の有益な物質への変換を妨げる

 

といった悪さをします。

 

脳だけではなく、身体に対する悪影響も多いので、トランス脂肪酸を含む食べ物なるべく日々の食事から除外するべきです。

 

トランス脂肪酸を含む食品の代表例を以下に列挙しておきます。

 

  • マーガリン
  • ショートニング(お菓子などに含まれることが多い)
  • マヨネーズ
  • クリームを使用したスイーツ(ケーキやシュークリームなど)
  • クラッカー
  • ポテトチップス
  • 揚げ物(揚げてから長時間経過すると危険度が増す)

 

せっかく脳に良い食事をしてもトランス脂肪酸を多く摂取していては元も子も無いので、可能な限りお気をつけください。

 

 

 

頭が良くなるサプリメントをまとめるサイト - トップページ


【スポンサードリンク】