アルコール | 限度を超えた飲酒は脳にとって有毒

MENU

アルコール | 限度を超えた飲酒は脳にとって有毒

 

アルコールは限度を超えて摂取した場合、脳に数多くのダメージを与えます。

 

一例を挙げると、

 

  • 脳神経ネットワークにおける伝達物質の受け渡しの阻害
  • 脳の軸索をコーティングするミエリン鞘を溶かし、情報伝達スピードを遅延
  • 必須脂肪酸をDHAなどの脳に有益な物質へ変換するプロセスを阻害
  • 各種ビタミンの生体への吸収を阻害

 

などが挙げられます。

 

一方で、アルコールは適量であればむしろ脳へのダメージは無いばかりか、身体への好影響を与えることが知られています。

 

アルコールの種類ごとの目安量は下記のとおりです。

 

  • ビール(アルコール度数5度) 中びん1本 500ml
  • 日本酒(アルコール度数15度) 1合 180ml
  • 焼酎(アルコール度数25度) 0.6合 約110ml
  • ウイスキー(アルコール度数43度) ダブル1杯 60ml
  • ワイン(アルコール度数14度) 1/4本 約180ml
  • 缶チューハイ(アルコール度数5度) 1.5缶 約520ml

 

脳や身体の健康に保つためにも、適度な飲酒を心がけましょう。

 

 

 

頭が良くなるサプリメントをまとめるサイト - トップページ


【スポンサードリンク】