カフェイン | 興奮性物質の過剰摂取が脳を疲弊させる

MENU

カフェイン | 興奮性物質の過剰摂取が脳を疲弊させる

 

カフェイン・ニコチンといった興奮性物質の過剰摂取が脳を疲弊させます。

 

カフェインの過剰摂取の目安は1日あたり500ミリグラムとされており、通常カップ一杯のコーヒーには100ミリグラムのカフェインが含まれています。

 

そのため、コーヒーを飲むのは本当に必要なときに1日2〜3回程度に抑えるのが良いでしょう。少量であれば、カフェインの覚醒作用はむしろ脳にとって良いものです。

 

カフェインの過剰摂取によって生じる代表的な不快症状としては、

  • 頭の回転の鈍り
  • うつ状態
  • 疲労感
  • やる気や集中力の低下

が挙げられます。

 

もし、上に挙げたような深い症状を感じており、毎日コーヒーをたくさん飲んでいるようであれば、その量を減らすか、思い切って一週間ほどコーヒーを絶つことをおススメします。

 

また、カフェインはコーヒー以外にも「緑茶」「紅茶」「特定の清涼飲料水」「ココア」「チョコレート」などにも含まれるため、そちらについても過剰摂取は控えるのが良いでしょう。

 

また、タバコに含まれる「ニコチン」なども「カフェイン」と同様に強力な興奮性物質であり、過剰な愛煙は身体だけでなく脳のためにも控えることをおススメします。

 

 

 

頭が良くなるサプリメントをまとめるサイト - トップページ


【スポンサードリンク】