必須脂肪酸 | 脳の神経細胞の膜を形成する

MENU

必須脂肪酸 | 脳の神経細胞の膜を形成する

 

脳は、

 

神経細胞のネットワーク

 

によって膨大な情報を処理しています。

 

そして、そんな脳内ネットワークの個々の神経細胞は

 

必須脂肪酸によって形成された膜

 

によって守られています。

 

脳全体に占める脂肪の割合は約70%であり、

 

日々の食事の中でどのような脂肪を摂取するか

 

脳の処理速度の速さや柔軟性の良し悪しを左右します。

 

それでは、脳の処理速度を高く、より柔軟なものにするためにはどのような脂肪を摂れば良いのでしょうか?

 

答えを先に述べると、脳に最適な脂肪は、

 

オメガ3やオメガ6と呼ばれる必須脂肪酸

 

です。

 

オメガ3やオメガ6と呼ばれる必須脂肪酸を適切量摂取することで、

  • 脳神経の膜が厚くなり、情報を伝える電気信号が漏れずにしっかりと伝わる
  • 脳神経の情報を受容する部分が柔らかくなり、情報伝達がスムーズになる

といったことが起こり、脳機能が格段にアップします。

 

オメガ3の必須脂肪酸

  • 青魚(DHA、EPA)
  • 亜麻仁油
  • しそ油

から摂取することが出来ます。

 

1週間に3〜4回程度の割合で青魚を食卓に並べるのが良いでしょう。

 

もし、青魚が苦手だったり食事で摂取するのが厳しい場合には、サプリメントの利用がおススメです。

 

おススメのオメガ3必須脂肪酸サプリメント

 

また、オメガ6の必須脂肪酸は、

  • コーン油
  • 紅花油
  • 大豆油
  • ひまわり油

などの日々の食事で自然に摂取しやすいものが多く、摂取しすぎると逆に毒にもなりうることが知られているため、意識して摂取する必要は無いでしょう。

 

なお、トランス脂肪酸などの悪い脂肪酸は逆に脳機能を低下させるので、あまり摂取しないようご注意ください。

 

【ポイント】

 

  • 日々の食事で摂取する脂肪を良質なものに変えることで、回転が速く柔軟な脳が手に入る
  • 良質な脂肪酸とは「オメガ3」や「オメガ6」の脂肪である。
  • 青魚を1週間に3〜4回食卓に並べる。もしそれが難しいようならば、EPA&DHAか亜麻仁油のサプリメントを使う。

 

 

 

 

頭が良くなるサプリメントをまとめるサイト - トップページ


【スポンサードリンク】